開催中の企画展のお知らせ

 

星野哲郎記念館 開館10周年企画展   平成29年7月13日(木)~平成30年2月27日(火)

 

 水夫(かこ)の背中 ~鳥羽一郎の芸能活動35周年を記念して

       Enka de La mer

 

 

昭和57年、星野が提供した『兄弟船』で鮮烈なデビューを飾った鳥羽一郎。

以後、海や船を題材にしたヒットを連発し「海の男」のイメージを不動のものにしました。

自分と同じ船乗りであった鳥羽一郎は、星野にとって特別な歌い手でありました。

ときに星野は「自分と鳥羽はふとした機会に海に呼ばれてしまう輩であり、ともにイルカの血が流れている」と表現することもありました。遠洋航路の労苦と荒れた海の恐ろしさ、そこから奮い立つために歌がどれだけの力を与えてくれるのかを、二人は共通する経験から知っていました。星野が提供した作品は、いずれも鳥羽一郎という語り部を前提にして書かれたものであり、そこには信義を重んじる「海の男」の心情が静かに脈打っています。

今回の企画展では、鳥羽一郎の魅力を複数の視点から描きます。

どうぞ、ご来場ください。

 

 

 

 

                             企画展アーカイブへ

                             星野哲郎記念館へ

                             トップページへ