星野哲郎記念館 令和4年度企画展

援歌(Enka)の誕生 ~

僕が畠山みどりさんに書いた「うた」

期間 : 令和4年11月10日(木) ~ 令和5年5月9日(火)

 

 

 

 

野哲郎が畠山みどりさんに提供した作品を中心に、60年を超える

畠山さんの歌手生活を振り返る企画展です。

星野にとって、畠山さんは「人生の応援歌」という作風を確立する出発点になった特別な歌い手でした。

艶歌、遠歌、塩歌など、同じ

「えん」歌にも様々な色合いのあることを、経験を積んだ後に星野は主唱するようになります。

それぞれの作品を、いま改めてその色彩に沿って確認し、制作の背景や関連する星野のエッセイを紹介します。

 

皆さまどうぞご来場ください。

                             企画展アーカイブへ

                             星野哲郎記念館へ

                             トップページへ